子どものためのポピュラー
ピアノレッスン(4歳~中学生)

初めてピアノを習うお子様から。ピアノを通じて音楽を感じ、
考え、表現を豊かにします。
そのために弾くだけでなく歌う・読む・書くなど、
一人ひとりにあわせた始動でバランスよく育成します。

初めてピアノを習うお子様から。
ピアノを通じて音楽を感じ、
考え、表現を豊かにします。
そのために弾くだけでなく
歌う・読む・書くなど、
一人ひとりにあわせた指導で
バランスよく育成します。

  • 初めてのピアノ・・・まずは楽しむところから‼楽譜を見て弾くことより、まずは鍵盤あそびやリズム遊びなど。子ども自身がピアノと積極的に触れ合いながら「楽しむこと」から始めます。楽しい気持ちがピアノを通して音楽表現を豊かにさせます。

  • 子供に合わせた教材やカリキュラム子どもの成長に沿ったカリキュラム。ピアノ演奏の基礎を身に付け技術を高めるとともに、楽しくピアノに取り組めるよう、ジャンルに拘らずクラシック、ポピュラー、ジャズとご希望に合わせて幅広く、楽しくレッスンしていきます。またテキストの進度に合せて、拍子やリズム、ソルフェージュ、ワークブックなど、総合的に音楽が学べるようレッスンしております。

  • 先生や伴奏音源と一緒に演奏♪ピアノソロだけでなく、バンドやアンサンブル等に対応できるよう練習していきます。先生や伴奏の音源と合わせて練習することになって、バンドサウンドさながらの演習が体感でき、楽しく上達していきます。

  • もっと音楽が知りたい‼を追究♪「曲を作ってみたい‼」「コードって何??」といった欲求や探求心が生まれてきたお子様に対して、ピアノを弾くだけでなく、「音楽」の学びを追究していきます。お子さま一人ひとりに芽生えた演奏表現をより豊かなものへと導きます。自分のオリジナル曲も生まれるかも?!

AIが台頭するこれからの時代、教育の流れが従来の『暗記力』や『再現能力』が大事だった時代から、『思考力、判断力、表現力』が問われるものにシフトしております。そして、子どもたち必要な独創的な発想力だといわれております。私たちはレッスンを通じて、技術の向上だけではなく、子供たちに豊かな空想力を育み、自己を表現する喜びを伝えたいと、日々研修や研鑽を重ねながらレッスンに臨んでおります。ぜひ一度体験レッスンを受けにいらしてください。

  • 子どものボーカルレッスン
    (4歳~中学生)

  • 「歌が大好き‼」を伸ばしたい。お子さまの「楽しい‼」「大好き‼」を上達させる。カッコよく歌いたい、アイドルみたいにかわいく歌いたい。ピアノを弾きながら歌ってみたい、歌詞を考えてみたい。
    そんなお子様の「やりたい」を叶え「夢」へとつなげる。夢を叶えるお手伝いを、レッスンを通じてさせていただきます。

  • 子供に合わせた教材やカリキュラム。
    その子に合わせたマンツーマンレッスンを行い徹底的にサポートします。例えば自信のないお子さまでも声を使って、表現することに慣れさせると、自身を持って大きな声で話せるようになります。

  • 音楽を通じてたくさんのことを学べます‼
    ボーカルクラスでは、歌声を伸ばすだけでなく、表現力・聴く力・話す力・考える力を伸ばすことを目的としております。時にはピアノに触れたり、歌詞を考えたり、リズムのトレーニングをしたり、英語の発音の練習をしたり、音楽の総合的な力を伸ばしていきながら、1曲を完成させる楽しさや達成感を身につけ、表現や感情も豊かにしていきます。

  • 未就学児
    ・簡単なリズム練習
    ・好きな曲を楽しんで歌えるようになる

    小学生
    ・発声練習
    ・腹式呼吸の練習
    ・リズム練習
    ・譜面の読み方
    ・歌いたい曲を感情をこめて歌えるようになる

  • 中学生
    ・発声練習
    ・腹式呼吸の練習
    ・リズム練習
    ・譜面の読み方
    ・地声と裏声の使い分け
    ・歌で表現する為のテクニック
    ・歌詞の意味を理解して歌う

子どもの
ヴァイオリンレッスン

こんな人にオススメ

  • ・子供に楽器を習わせたい
  • ・趣味でバイオリンを始めさせたい
  • ・基礎からしっかり学ばせたい
  • ・楽器を通して子どもの成長が見たい
  • ・クラシックだけでなくポピュラーの曲なども弾かせたい
  • ・学校の音楽のテストの点数を上げたい
  • *子供に楽器を習わせたい
  • *趣味でバイオリンを始めさせたい
  • *基礎からしっかり学ばせたい
  • *楽器を通して子どもの成長が見たい
  • *クラシックだけでなくポピュラーの曲なども弾かせたい
  • *学校の音楽のテストの点数を上げたい

楽器や技術の習得だけではなく、音楽、楽器を通じて
心豊かな人を育てていくことをモットーに指導しております。
指導や演奏の現場経験を生かし、クラシックの基礎から
好きな曲を自由に弾く表現、簡単な音楽理論などたくさんのことを学べます!

楽器や技術の習得だけではなく、
音楽、楽器を通じて 心豊かな人を育てていくことをモットーに指導しております。
指導や演奏の現場経験を生かし、
クラシックの基礎から好きな曲を自由に弾く表現、簡単な音楽理論などたくさんのことを学べます!

レッスン時間は曲の難易度や習熟度により初級・中級・上級と分けておりますが、
レッスン時間のご希望や、月3回以外のプラスで
レッスンなども対応可能ですので、ご相談ください。

レッスン時間は曲の難易度や習熟度により
初級・中級・上級と分けておりますが、
レッスン時間のご希望や、月3回以外のプラスで
レッスンなども対応可能ですので、ご相談ください。

  • 初級(30分)
    未就学児~小学生低学年

    ・簡単なリズム練習
    →先生と一緒に弓の動きをしながら歌う事で、音やリズムを体で覚えていきます。

    ・「お稽古に来る」を習慣化づかせています。
    →レッスンで一番大事な「ご挨拶」から始まり、「ご挨拶」で終わります。
     普段の生活にも活きる習慣をレッスンで身につけていきます。

    ・2~3歳のお子さまには、実際に楽器を持つ前に、箱を使って
     持ち方のイメージが出来るよう練習しながらリズムの練習をします。

    ・楽器の構え方、弓の持ち方を飽きさせないように様々な方法で
     丁寧に時間をかけて指導していきます。

    ・バイオリンの弾き方などの基礎を簡単な曲を通して学びます。

    ・簡単なリズム練習
    →先生と一緒に弓の動きをしながら歌う事で、
    音やリズムを体で覚えていきます。

    ・「お稽古に来る」を習慣化づかせています。
    →レッスンで一番大事な「ご挨拶」から始まり、「ご挨拶」で終わります。 普段の生活にも活きる習慣をレッスンで身につけていきます。

    ・2~3歳のお子さまには、実際に楽器を持つ前に、箱を使って 持ち方のイメージが出来るよう練習しながらリズムの練習をします。

    ・楽器の構え方、弓の持ち方を飽きさせないように様々な方法で 丁寧に時間をかけて指導していきます。

    ・バイオリンの弾き方などの基礎を簡単な曲を通して学びます。

  • 小学生中学生以上

    ・基礎的なリズム練習

    ・楽譜の読み方

    ・楽器の構え方、弓の持ち方、ボーイング、音の出し方などの基礎を学びます。

    ・簡単な初歩曲を沢山弾く事で、無理なく少しずつステップアップしていきます。

    ・教材以外の興味のある曲があればそれも取り入れながら練習に取り入れていきます。

    ・基礎的なリズム練習

    ・楽譜の読み方

    ・楽器の構え方、弓の持ち方、ボーイング、音の出し方などの基礎を学びます。

    ・簡単な初歩曲を沢山弾く事で、無理なく少しずつステップアップしていきます。

    ・教材以外の興味のある曲があればそれも取り入れながら練習に取り入れていきます。

  • 中級(45分)

    ・曲を通してポジション移動やヴィブラートなど、必要な技術を学んでいきます。

    ・感情を込めて弾くことを覚えていきます。

    ・音階などの基礎練習と簡単な音楽理論を紐付けていきます。

    ・曲を通してポジション移動やヴィブラートなど、必要な技術を学んでいきます。

    ・感情を込めて弾くことを覚えていきます。

    ・音階などの基礎練習と簡単な音楽理論を紐付けていきます。

  • 上級(60分)

    ・更に高度な技術が必要とする曲を練習していきます。

    ・高度な基礎練習、エチュードなどを取り入れていきます。

    ・曲の簡単な音楽理論解説などを通して、曲の理解度を深めていきます。

    ・更に高度な技術が必要とする曲を練習していきます。

    ・高度な基礎練習、エチュードなどを取り入れていきます。

    ・曲の簡単な音楽理論解説などを通して、曲の理解度を深めていきます。

  • その他

    学校の音楽課題などの習得、テスト対策など対応可能ですのでご相談ください

    学校の音楽課題などの習得、テスト対策など対応可能ですのでご相談ください

子どもの
ギターレッスン

  • ・ギターの持ち方やチューニングの方法
  • ・メロディ弾き(童謡など)
  • ・コードでの伴奏方法
  • ・8beat、16beatなど様々なリズム学習
  • ・楽譜やタブ譜の読み方
  • ・ソロギターや弾き語りなど

子どものギターレッスンは
何歳から??

ギターを始める時期は個々の子供たちによっ本当に違いますが、手や体が小さいという身体的な制約が問題となる場合が多いので、体に合ったサイズの選ぶことがとても重要です。選ぶギターを間違えなければ、年長~小学校一年生であれば始められる場合が多いです。

年齢による
指導方法の違いがあります

  • 小学校低学年~中学年

    一般的な話としてアコースティックギター、エレクトリックギターを問わず、お子様の集中力は長くは続かず、手も小さいため、個々の子供たちに応じたレッスンプランが必要です。
    ギターを始めてすぐの頃は、十分な指の力が備わっていない子供たちが多いので、まずは簡単なメロディーを弾いてもらい、指が弦を押さえる事に慣れてから、複数の弦を押さえるコードなどに移行していきます。
    簡単なコードがいくつか押さえられるようになるとギターで楽しめる曲の幅が広がっていき、好きな曲にもチャレンジ出来るようになっていきます。
    また、レッスンではギターを弾く以外の事も取り入れ、リズムを叩く練習をしたり、歌を歌ったりするなどをして音楽の基礎を養います。

  • 小学校高学年~中学生・高校生

    このくらいの年齢になると、やりたい事が明確になっている場合が多いです。そのための曲の選定や練習方法を工夫してレッスンします。
    レッスンではギターを演奏する基礎の部分を伝える事と合わせて、自分の好きな曲を演奏出来るようにしていく事や、自分の創造力を使った曲作り、人前で表現するためのサポートしていきます。

ギターをそばに

ギターはどちらかといえば手軽に始められる楽器です。
ギターを購入したものの、すぐに挫折してしまった…と言うのは年齢にかかわらず、よく聞く話です。ですが、ギターの演奏方法や音楽の基礎を身につければ、好きな音楽に合わせて演奏したり、学生や大人になってからも友達や同僚とバンドを組んで演奏したりと、ずっとギターを楽しめます。レッスンを通して、子供たちが音楽を探求し基礎を学びながらギターを好きになってくれればと願っております。是非一度体験レッスンを受けにいらしてください。

子どもの
DTMレッスン

昨今、楽器を演奏したり、作曲をすることと
同じくらい個人でPCを使いDAWで音楽を作ることが盛んになってきています。
小中学生でもボカロ曲を作って発信することは珍しいことではなくなりました。

DTMで音楽を作るのに必要なことは、自由な想像力です。
音楽を作るのは絵を描いたり、料理を作るのに似ています。
絵を描くのにデッサンをし、形を作り構成し、沢山の色を使い、
時には自分で絵具を混ぜ、イメージを作り上げます。
好きな料理を作るためには具材や調味料を揃え、
料理に合った下ごしらえや調理の手順に沿って作ります。
音楽も沢山のアーティストや作品があり、音楽のスタイルに沿った音楽理論や楽器の使い方、
先人たちの知恵を身につけることで自分のイメージを実現する力にしていきます。
曲を作るにはその中に沢山の行程があります、
それらを一つずつ丁寧に進めることで注意深さや全体を俯瞰する力もつくでしょう。

昨今、楽器を演奏したり、作曲をすることと
同じくらい個人でPCを使いDAWで
音楽を作ることが盛んになってきています。
小中学生でもボカロ曲を作って発信することは
珍しいことではなくなりました。

DTMで音楽を作るのに必要なことは、
自由な想像力です。
音楽を作るのは絵を描いたり、
料理を作るのに似ています。
絵を描くのにデッサンをし、
形を作り構成し、沢山の色を使い、
時には自分で絵具を混ぜ、
イメージを作り上げます。
好きな料理を作るためには具材や調味料を揃え、
料理に合った下ごしらえや
調理の手順に沿って作ります。
音楽も沢山のアーティストや作品があり、
音楽のスタイルに沿った音楽理論や楽器の使い方、
先人たちの知恵を身につけることで自分のイメージを実現する力にしていきます。
曲を作るにはその中に沢山の行程があります、
それらを一つずつ丁寧に進めることで注意深さや全体を俯瞰する力もつくでしょう。

  • 小学校低学年~
    楽器の音や自分が録音した音が出ることを楽しみ、
    音と音を重ねていく面白さを経験しよう。
    楽器の音や自分が録音した音が出ることを楽しみ、音と音を重ねていく面白さを経験しよう。

    ・DTM、DAWって何?

    ・DAWの中にある楽器で音を出してみよう。

    ・自分の声、楽器の音をマイクで録音してみよう。

    ・音にエフェクトをかけてみよう

    ・自分が録音した音をサンプラーで弾いてみよう

    ・音と音を重ねてみよう

    ・音で「物語」を作ってみよう。

  • 小学生高学年~
    高学年になればより高い音楽的な曲を作ることに
    挑戦できるようになります。
    多少ピアノが弾けたり、好きな音楽を歌えると、
    音楽理論の習得も速いでしょう。
    高学年になればより高い音楽的な曲を作ることに挑戦できるようになります。
    多少ピアノが弾けたり、好きな音楽を歌えると、音楽理論の習得も速いでしょう。

    ・メロディを作ってみよう

    ・和音を作ってみよう

    ・リズムを作ってみよう

    ・簡単な曲を作ってみよう

    ・シンセサイザーを使ってみよう

    ・打ち込みをしてみよう

    ・DAWの便利な機能

    ・コードやスケールを覚えよう

    ・定番のコード進行とペンタトニックを使って
     曲を作ってみよう

    ・好きな曲をコピーしてみよう

    ・好きな曲を真似してみよう

    ・ミックスをしてみよう。

PCの扱いは小学生でも難しいものではありません。
PCやDAWとお友達になることから始めましょう!